FC2ブログ

ゴルフ自慢話①


不思議な力の存在としてかつてエッセイにも書きましたが、ゴルフをする人は誰でも一つや二つ自慢話をもっているものですが、僕には御他聞に漏れずその手の話はたくさんあります

古い話からしますと、今から25年も前になります

当時南山CCのメンバーで月例でしたから当然フルバックからです

16番の500ヤードPar5でテイーショットもかなり当って残りセカンドが200ヤードでした
南山の16番をご存知の方ならわかりますが池がトリッキーに続いていて、慣れたシングルプレーヤーでもテイーショットさえアイアンで打つことが多いのです。すなわちドライバーで第一打を打つということは2オン狙いなわけです

その日僕がセカンドで選んだクラブは4アイアンでした

その頃はクラブも今のようには飛びませんでしたしボールも今とは大違いなほどでした

怖いもの知らずのその頃は、今みたいにもじもじせずにスッと立って打てたのです

生涯最高の4アイアンとでも呼びましょう

見事なほどピンにまっすぐ向かって伸びていきました

もちろんカッコいい2オンですそれもピンにかぶっていきほぼ根元に落ちましたさすがにロングアイアンですからランもしてそれでも3メートルぐらい奥にとまりました。イーグルチャンスというよりアルバトロスになりかけたのでした

アルバトロスでもしようものなら早死にするようですからかえってよかったと同伴プレーヤーに言われました

そんなにも凄いショットを打つことがあるのですね。もちろんマグレ~ですが

尚、その3メートルのイーグルチャンス3パットしてしまい、ふつーのパーにしてしまいました

このおしゃべりは写真のアー君と思ってお許しください
スポンサーサイト



プロフィール

清水 喜代治

Author:清水 喜代治
名古屋市天白区にある清水産婦人科の院長です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR