FC2ブログ

ノーベル文学賞と村上春樹


ついさっき今年のノーベル文学賞が2年分発表された。

当然のことながらそこに村上春樹の名前はなかった。

「当然」と言ったのはこの手の騒ぎでいわばミーハー的な人気で受賞したところで村上春樹には決して名誉なことではないからだ。

残念ながら村上文学と言ってもそれは所詮流れと聞こえのいい表現を交差して使う手法にすぎず、歴代の、全ては知らないが、独創的でかつ被せがない芯のある唸るような文学にはどうやっても届かない、いわゆる人気作家の域を出ない存在だからなのだと思う。

例えば、日本人の二人の受賞者が、川端康成は彼にしかできないロマンの表現であったり、大江健三郎はまた彼にしか描けない深い闇の部分を探ることで受賞を確固たるものにしたが、村上春樹にはその深層が見られないのだと思う。

世界的にベストセラーであればいいのであればもっと多くの読者をもつ悪く言えば大衆文学作家は少なからずいるのだろう。

ハルキストなる場をわきまえない信者が受賞を煽らなくなって世界が正面から村上春樹の文学に向きあえるようになる時、その話題性を超えて受賞してしまうかもしれない。彼の存命中であればいいが、、、
スポンサーサイト



プロフィール

清水 喜代治

Author:清水 喜代治
名古屋市天白区にある清水産婦人科の院長です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR