FC2ブログ

親子対決

ゴルフ
穏やかな晴天で久しぶりに親子でゴルフしてきました

33歳の時の子供ですから、油の乗った伸び盛りの次男と僕とではどう見ても勝ち目はないのですが、ショートゲームの精度とパッテイングでなんとかこの数年もほとんど勝負は勝ってきていますが、ドライバーの飛距離だけでなくショットのキレや鋭さは、今風に例えれば、松山秀樹と芹沢信雄ぐらいの差があります
よくわからない例えですが

勝負は、まだ寒くてゴルフどころではない早朝7:53のコンデションのときの一番ロングホールで差がついてしまいました

その後は勝ったり負けたりで適度な緊張感の中ゴルフ対決ができました

その写真がないのはそれだけ勝負に夢中で撮れなかったためです

ラウンド中は前が詰まると、親子の会話というより同業者にしかわからない深度で話せましたし、彼のショットを褒めながら次第にプレッシャーを与えながら勝負の流れをつかみながらメンタルなテクニックも駆使していつも勝たせてもらっていますがあと何年同じテイーで打てるものやらわかりません

彼のシングル記念と僕の古希記念のどちらが先にコンペできるか見ものですね
スポンサーサイト

コンサートフィナーレ

芸創フィナーレ
中央が音楽監督のヒッキー先生(疋田修三先生)です
いつもは笑顔を見せない先生ですが珍しく嬉しそうに顔を崩しています

花束渡しているのは82才の最高齢出演者です

歌い終えた安堵感と楽しさからみなとてもいい表情をしていますね

僕も気持ちよさそうにしているのがわかります

こんなふうに、今年の芸創コンサートは楽しい時の流れでした

芸創コンサート

芸創一部
11月9日のコンサートです

これはオープニングの「小雨降る径」を歌っている写真です

舞台衣装ですがこれは既製品でうまく見つけました
合わせたみたいにぴったりでした
素材が光り物ですから照明の方が見事にいい色彩を演出してくれています

照明の加減でいろいろな表情に見えます

記念カンパス

記念カンパス
これは二年前の芸創コンサート記念カンパスですが、今年もセミプロの写真家に依頼してコンサートの写真を撮ってもらいました

写真家で、僕の先輩英傑(家康)にフラッシュを使わず撮ってもらいました

あまり見事な写真でしたから出演者ごとに写真を引き伸ばして絵画のカンパス風にしてプレゼントしましたが、今年もと近くの写真屋さんに行って注文してきました

注文といっても今は自分でパソコン式にデータを取り込んで作るのが常識らしく慣れない作業をやってきました

初めはきれい系の女性店員に頼もうとしましたが見かけよりキョワそうだったので諦めて、研修生みたいな若い男の子に頼んで丁寧に教えてもらいました

さすがにプロ級とあって綺麗に撮れているのですがあまりリアルだと年輪は隠せず少しぼかした幻想的?なショットを選んでパソコンで注文しました
1週間後に出来上がりだそうです

コンサート

芸創コンサート
昨日、前にも触れました芸術創造センターでのコンサートが無事終わりました

雨模様の日曜日でしたがたくさんの方にお越しいただきありがとうございました

音響等の調整が遅れて開場が遅れてご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

写真のように見事な照明による舞台演出で、とても気持ちよく歌わせていただきました

本番では写真が撮れませんからリハーサルのものです

一人4曲で七人計28曲ですから2時間を越えるコンサートを静かに聴いていただき感謝しております

なんとか歌詞を間違えずに歌えましたがなかなか練習通りにはいかないもので満足はできません

他では味わえない緊張感と歌い終えた後のほっとした安堵感は表現できる範囲を超えています

これから年末のグループコンサートもひかえていますが、また来年もこの芸創で歌いたいとあらためて思いました

芸術創造センター

芸創
明後日にコンサート会場芸術創造センターで最後のリハーサルをしてきました

あとは当日を待つだけです

と言うとカッコいいですが、今更急にうまくなるわけでもありませんから丁寧に歌うだけと決めました

Maxで640席とかなり広いホールですからどれだけ来て頂けるか不安です

当日は雨も予想されますがご来場くださるようお願いします

舟木一夫

舟木一夫
僕らの青春スターといえば舟木一夫です

僕が高校生のときに青春スターとして歌に映画にと大活躍でした

デビュー50年以上ですから今年70歳になりますが、立ち振る舞いは青春スターのままですから『お化け』なんでしょう

その頃活躍していた他の歌手やスターはもう輝いていないのに舟木一夫だけは色褪せない永遠のスターでしょう

今日はその舟木一夫の特別公演を観にいってきました

中日劇場でしたが満員の盛況ぶりでした

声はさすがに渋くなってもう甘い歌声ではなくなっていますが舞台での演技にしても歌にしても、観衆との信頼関係もあってかカリスマ性オーラが漂います

観衆はやはり我々の世代いわゆる団塊の世代ばかりでしたし9割は女性でした

きっと舟木一夫は80歳になってもいまのままに違いないと信じています

生物学的加齢はしかたありませんが、モチベーションを保って姿勢をしっかりすることで舟木一夫が存在しているのなどと実感しました

僕も来週は自分のコンサートです
舞台での存在感というものを学んだ気がしています

リハーサル

リハーサル
いよいよ来週に迫ったシャンソンコンサート

新栄にある芸術創造センターでのコンサートで、6人のお姉さまと共演します

一昨年にも出演させていただきましたが、”芸創”のコンサートは僕にとって憧れですからワクワクしています

これが昨日行われたリハーサルです

リハーサル室での光景ですが、リハというよりオーデション風景を想像させられますね

男の僕などは衣装はせいぜいタキシードかスーツですが、お姉さま方の衣装は毎回すばらしいも一言です

衣装で楽しめますね

この写真はまだメイクしてないせいかあまり迫ってきませんが、コンサート当日は近くで見れないほど?のソウトウなメイク
ですから圧倒されることでしょう

舞台の出入りと振付けなど照明や音響のスタッフが厳しくチェックするなか一人4曲づつ歌いました

11月9日当日是非コンサートにお越しください

僕はオープニングをつとめ二曲つづけて歌います
プロフィール

清水 喜代治

Author:清水 喜代治
名古屋市天白区にある清水産婦人科の院長です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR