FC2ブログ

ジャックニクラスゴルフコース⛳️


四日市にあるこのコースは僕の2番目のホームコースで、またこのコースで念願のシングル入りをした思い出の倶楽部です🏌️‍♂️

遠方であったり諸事情で10年前に退会してしまいましたが、最近知人の紹介で何度か足を運んでいます⛳️

趣きがあって美しくで難しいコースに行きたいとの要請を受けてこのほどお世話になってる先生がたを招待して行ってきました。

確か平成4年開場ですから26年目になるこの菰野倶楽部はジャックニクラス設計ならではのユニークなコースですが、年輪を経て木々が伸びて年々難しくなっているようでした😊

開場記念日に合わせてJ ニクラス氏が当日試打プレーをし、僕も氏についてまわりましたが、シニア入り間近で峠を越えてたとはいえ安定した飛距離と正確なショットでもちろんフルバックテイから1オーバーで回ってきました🏌️‍♂️

アメリカ🇺🇸様式の設計に日本の和をコンセプトして作ったとニクラス氏が試打しながら時折コメントしユーモア交えた気品のあるトークでした✨

最終ホールで10メートル近い長いバーディパットを打つ前に、「このバーディパットを沈めればちょうどイーブンパーです」と真顔でトークしながら「バーディとれたらあちらの美しいお嬢様にこの記念ボールを差し上げたいと思います」とおどけて見せ、なんとそのパットをわざとカップを外しその「お嬢様」に向けて見事カップインするごとく転がしたのです^_^
さしものニクラスも10メートル近いパットを入れられないと思い演出気味に外し、おくゆかしく1オーバーと遠慮したのでしょう。その後、引き連れたギャラリーを魅了し颯爽と専用ヘリで帰って行きました😊

ジャックニクラスはやはり「帝王 ジャックニクラス」でした✨
スポンサーサイト

創作書贈呈✨


頼まれたわけではなく日頃の感謝の意をこめて、スタッフの名前を創作書にして贈呈していますが、昨日最近書いた三点が額装丁仕上がってきましたので、1日だけラウンジに飾って今日それぞれ贈呈しました😊

名前には、生い立ちや環境と相まって響きが違うように、書にして表現するとまた違う感性がうまれるものですが、不思議な情感があるものですね。
この三点は自分でも気に入ってます。

実は、書は薄い和紙に一筆か二筆ですっと書くだけなのですが、僕が懇意にしている額装のプロの方が、僕の書の意味とその名前の方のイメージを伝えると、じっくり時間をかけて書の裏打ちから装丁の色合いや作りを丁寧に仕上げてくださるのです✨
額縁の構成や素材も息の合った伝達で僕の表現したかったことを期待した以上にフィードバックして表してくださるのでいつも完成を楽しみにしていますし、毎回感謝しています😊

額装の方は本業は画家であることを聞くと、確かに頷けることです。

お宝ツーショット❗️


休日の朝、暇そうにしていたのが分かったのか、あいちゅくんが自然に寄ってきて、慌てて自撮りしてしまいましたが、さすがに写真慣れした彼は、わざとらしい僕のポーズを無視して自分がプロだと言わんばかりに堂々と並び、珍しいツーショットになりました✨

最近では、僕が何をしたいのかも彼には分かるみたいで、オトナになった彼は気が向いたらこんな風に僕の希望を叶えてくれることがあります^_^

何十年も生きてるのに、こうやってツーショットを見ると存在感に圧倒されます😅

名古屋まつり 英傑✨


昨日と今日の二日間名古屋まつりでした😊
去年はこの時期けっこうな雨になって二日間とも中止になしまいましたが今年はこの上ない晴天に恵まれました。
名古屋まつりはご縁があって8年前に自ら英傑 豊臣秀吉に扮して参加した経歴があります✨

僕は37代豊臣秀吉でしたが、当時推薦もあって運良く秀吉に扮して二日間高まる気持をおさえながら楽しく名古屋市内を山車で行進しました✨

もちろん誰でも体験できることではなく、毎年書類審査、面接を経て各英傑一人が選ばれるわけですから名古屋まつりの歴史からみても名誉なことだと思っています。

写真は、秀吉をイメージしたメイクですが、髭をつけることに苦労した記憶があります^_^メイクには1時間ほどかかりましたから大変なことで、まつりの行進が終わるまで寝転ぶわけにもいかず自ずといつになくきちんとした姿勢になりました^_^

ゴルフの難しさ🏌️‍♂️☹️仕事の難しさ☹️

先日またライバル?同士のラウンドしました⛳️

長男は体調良好やや入れ込みすぎという感じ、次男は当直あけで寝不足体調不良、僕は可もなく不可もなしというモチベーションが上がらないままティーグランドに立ったためかスコアをまとめられませんでした😅

長男は練習ではかなりの球を打ってたためか今日はいちばん☝️という気合いでスタートティーに立ちましたが気持ちが空回りとはよく言ったものでスコアは発散していきました🤔


これは朝の会食模様ですが、三人三様に自分の置かれた医師としての立場役割に誇りをもちながら夢を追い続けようと実りのある秋のような話を口々にして、けして親子だからという上下関係とかなしに up to date なトピックスをぶつけ合いました🙂

親子兄弟を意識しないで自分で分からないことは恥じずに聞いてまた答えられるような気持ちのいいライバルとしてこれからもいようと三人それぞれ心に刻んだと思います✨

三人はこれからも気持ちの通じる友達のように関係していけたらいいのです☝️

それにはやはり、僕が衰えないこと、いつも彼らの若い感覚を理解できるように勉強努力していくこと。僕の歳になったら難しいですが、不可能を可能にしていくのを僕の目標としていくことに尽きると思いました✨
プロフィール

清水 喜代治

Author:清水 喜代治
名古屋市天白区にある清水産婦人科の院長です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR